top of page

“ The Age of Not Believing ” 銀座 蔦屋書店 2023.2.25(sat) - 3.17(fri)


At the current exhibition, "The Age of Not Believing" at Ginza Tsutaya, we will exhibit 12 works, including 6 new works from the Koka Kola series, which we have been working on since 2019, and 6 works from the Specimen of fragments series using specimen boxes.


The Koka Kola series began with a focus on the cultural history of how Zen, translated by D.T. Suzuki for the Western world, was transmitted and digested, and then moved on to questions such as the transformation of values and what it means to have faith and to believe. It is also an interest in the history of sculpture as an idol. Specimen of fragments is a series of small works derived from the above concept, in which wood sculptures are placed in a specimen box. The title "The Age of Not Believing.

The title "The Age of Not Believing" is the title of a song in a movie, which is sung to a boy orphaned by war and unable to believe in dreams and magic. The song is cited as being in line with the concept of the work.

[artist statement]

I first created the work titled "Koka Kola" in 2019. I began creating this work while thinking about what it means to "believe" in an ever-changing society. In 2023, in the midst of the changes that we are now experiencing, I will reflect on this question once again.


Kanji Hasegawa


Dates: February 25, 2023 (Sat) - March 17, 2023 (Fri) *The closing date is subject to change.

Place: In front of Ginza Tsutaya Information Counter

Organized by Ginza Tsutaya

Inquiries: 03-3575-7755

 

銀座 蔦屋書店にて開催される、今展「The Age of Not Believing」では、2019年から制作しているKoka Kolaシリーズの新作6点、標本箱を使ったSpecimen of fragmentsシリーズから6点の計12点を展示いたします。

[展示に寄せて] Koka Kolaシリーズは、鈴木大拙が欧米に向けて翻訳した禅がどのように伝わり咀嚼されたかという文化史に着目しながら、価値観の変容や、信仰とは、信じるとは何かという問いに向けて制作がはじまった。それは偶像としての彫刻の歴史への興味でもある。木彫、作陶をベースに金箔をあしらった作品は、信仰物としての伝統的な彫刻様式を模すとともに、雑草、外来種などの信仰対象としての神聖性とは対極にあるモチーフも扱う。Specimen of fragmentsは上記のコンセプトから派生した小作品で、標本箱に木彫を収めたシリーズ。 タイトルの「The Age of Not Believing」はある映画の劇中歌のタイトルで、戦争により孤児となり、夢や魔法を信じられなくなった少年に向けて歌われる。作品のコンセプトにも通じるものとして引用している。

[アーティストステートメント] 「Koka Kola」というタイトルの作品をはじめてつくったのは2019年。刻々と変化する社会の中で、「信じる」とはどういうことなのか、と考えながら制作をはじめた。それは、信仰とともにつくられてきた彫刻というメディアに、もう一度向きなおるための時間でもあった。2023年、変化の只中にあることをより実感する日々に、改めてそのことについて考える。


長谷川寛示



会期 2023年2月25日(土) - 2023年3月17日(金) ※終了日は変更になる場合があります。

時間 銀座 蔦屋書店webサイトをご確認ください。

場所 銀座 蔦屋書店 インフォメーションカウンター前

主催 銀座 蔦屋書店

問い合わせ先 03-3575-7755

Коментарі


bottom of page